NEWS

ニュース・メディア

【試合結果】2023プレナスなでしこリーグ1部 第9節 vs静岡SSUボニータ

いつもニッパツ横浜FCシーガルズを応援いただき誠にありがとうございます。5/14(日)に行われました2023プレナスなでしこリーグ1部 第9節の試合結果をお知らせいたします。

 

試合結果

2023年5月14日(日) 

2023Pleunsなでしこリーグ1部 第9節

ニッパツ横浜FCシーガルズ  2(1-0,1-1) 1 静岡SSUボニータ

@ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)13:00K.O.

 

 

 

 

得点

 

前半39分 片山由菜

後半26分 蔵田あかり

 

 

 試合後監督コメント

相手の堅い守備のなか片山の得点で前半を終え、そのまま相手の嫌な位置を取って攻撃は止めず、自分たちから連続したアクションで後半もゴール前を崩していこうと伝えました。

後半立ち上がりで失点してしまいましたが、奪い返せばいいという強い気持ちが選手の声やプレーから感じ取れました。
室井選手がスローインからボールを奪い深い位置まで相手を引き付けたところで、中にいた蔵田選手が追加点を取ってくれました。
警戒していた相手の攻撃力というところで厳しい戦いになりましたが、最後まで選手たちが戦ってくれた結果が出た試合だと思います。

母の日サンクスデーということもあり選手のご家族の皆さんの前で勝利を掴むことができたことで、恩返しになったのではないかと思います。
また悪天候にもかかわらず、たくさんのファン・サポーターの皆さんにお越しいただきありがとうございました。
良い意味でプレッシャーを感じながら自分たちのサッカーを貫くことができました。

これからも簡単に勝てる試合はありませんが、自分たちのサッカーがどれだけできるかを追求してトレーニングに励みたいと思います。

次節ホーム戦も応援をよろしくお願いいたします。

 

 

選手コメント

No.7 MF  蔵田あかり

前半は堅く入ってしまって相手のスピード感に自分たちも乗ってしまい、ゴールまで行ききることが少なかったですが、ハーフタイムで修正し後半は自分たちのペースでやるべきことをやると徹底したことが勝利に繋がったと思います。
 
立ち上がりの堅さに関しては、ボールを持てる時間が多くあったなかで最後のバイタルエリアでのチャンスメイクが上手くできず、相手の引く流れに乗ってしまったのが原因だとと思います。
特に前半は自分たちのストロングポイントである前からのプレッシャーからどんどん相手を剥がしてゴールまで行くことをしたかったのですが、上手くできず、引いてくる相手に対して最後はシュートまで行くという流れを掴み切れませんでした。
 
自分たちのサイドスペースを上手く使っていけばゴールまで行けると思っていたので、ハーフタイムではボールを動かし空いたスペースを使おうという話をしました。
後半はそれが上手くできたと思います。
後半の立ち上がり後すぐに失点してしまいましたが、ブレずにそこから巻き返せるんだとピッチ内全員が認識して声をかけていたので、追加点やそこからの無失点に繋がりました。

次節に向けて、前半で上手く自分たちのペースに持っていくこと、少なからずあったチャンスを決めることを追求していきたいです。

母の日のエスコートマザーでは「頑張ってね」と言ってもらいました。
普段親への感謝は直接言葉にすることがなかったので、このような機会を設けていただいて感謝を伝えられましたし、ピッチでサッカー選手として結果を残せたのは少しお返しができたのかなと思います。

来週もホームで試合ができることに感謝してどのチームが相手でも自分たちの目の前の相手を一戦一戦倒す気持ちで頑張っていきます。
 

 

No.9  FW  片山由菜

前節は2-2と悔いの残る試合だったので、今節は絶対勝つという気持ちで臨んだ結果勝つことができて本当に嬉しいです。

相手の前線2選手の足が速いというところで、守備をしっかり対応してもらったり、裏に蹴らせないように前からプレスしていくことを意識していました。
前後半に関わらず「入り」の部分は気を抜かずにいこうという話があったのですが、後半開始早々失点してしまいました。

前半の入りはプレーが堅く、シュートまで繋げることができない時間もありました。
徐々にほぐれてきたところで点を取れたので、あかりさん(蔵田)の追加点も含め、勝ち切れてよかったです。

全体的な内容としては良くなかった感触はありますが、全員で闘い、絶対に勝つという気持ちが選手全員に常にあるところや、普段からのコミュニケーション量が増えているところが好調の要因だと感じています。

利き足ではない左足でのシュートは苦手ですが、自分でも珍しいくらいボレーシュートが上手く決まり、決めてからは何でもできるという自信に繋がりました。
監督からはゴールが見えたら打つように言われているので、昨季に比べてシュートを意識することが多く、そこが結果に繋がっているのではないかと思います。
良い調子で点を取れているので、このまま気を抜かず点を取り続けていきたいです。

今日はエスコートマザーでお母さんと入場しました。
いつも感謝しているので、勝利と得点という結果で恩返しができたと思います。

次節もホームゲームで現在リーグ2位・オルカ鴨川FCとの試合です。
勝たなければいけない相手なので、次節もニッパツ三ツ沢球技場での応援をよろしくお願いします。

 

 

フルマッチ動画

 

 

 

次節試合情報

2023Pleunsなでしこリーグ1部 第10節

5月21日(日) 13:00kickoff

ニッパツ三ツ沢球技場

vs オルカ鴨川FC

記事一覧

OFFICIALCLUB TOP PARTNER

  • 日本発条株式会社
  • 医療法人 横浜柏堤会
  • 武松商事株式会社
  • 笑顔堂(グローバル)
  • PUMA

OFFICIALCLUB PARTNER

  • 株式会社神奈川ナブコ
  • 株式会社Sansei
  • 感謝株式会社
  • フォーライフ株式会社
  • インバースネット株式会社(フロンティア)
  • 株式会社アメニティ
  • 西鉄旅行SPORTS
  • 学校法人 平成医療学園 横浜医療専門学校
  • エフシーアールシステム株式会社
  • 東洋美術印刷株式会社
  • 藤松産業株式会社
  • TS PLANNING
  • 三ッ輪ホールディングス株式会社
  • 小川クリニック
  • 明治安田生命保険相互会社 横浜支社
  • 株式会社リベルタ
  • ヤギグローバルジャパン(100%新車館)
  • 高地トレーニングStudio. Green Terrace
  • 株式会社 丸興佐野錦一商店
  • BRITA

ASSISTCORPORATION

  • 上星川ファミリークリニック
  • にしかわ薬局
  • バリューインパクト有限会社

なでしこ基金

  • 株式会社カナエル
  • 日産設備株式会社
  • 金田屋株式会社

LINK

  • 横浜FCスポーツクラブ
  • 横浜FC
  • 横須賀シーガルズ
  • JFA
  • なでしこリーグ
  • 皇后杯