NEWS

ニュース・メディア

【試合結果】2024プレナスなでしこリーグ1部 第11節 vs 朝日インテック・ラブリッジ名古屋(HOME)

 

いつもニッパツ横浜FCシーガルズを応援いただき誠にありがとうございます。

5/26(日)に行われました2024プレナスなでしこリーグ1部 第11節の試合結果をお知らせいたします。

 

試合結果

2024年5月26日(日) 

2024Pleunsなでしこリーグ1部 第11節

ニッパツ横浜FCシーガルズ2(1-0,1-0) 0朝日インテック・ラブリッジ名古屋

@ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)13:00K.O.

 

 

 

得点者

34分 蔵田あかり

84分 加田菜

 

 試合後監督コメント

得点力のある名古屋さんに対して、自分たちの良さ、そして点をどう奪うかを重点的にトレーニングしてきました。

相手の決定機を全員で抑え、そのあとのボールを保持された時間にもしっかり対応しながら、あかり(蔵田選手)の今シーズン初ゴールがうまれ、少ないチャンスをモノにできた前半でした。
ハーフタイムでも、選手たちは1点を守るよりもう1点取りにいこうということや、守備ももっとこうしよう、と前向きに話していました。

後半も相手が1点取りに来る勢いがありましたが、守るべきシュートコースなど全員で共通理解していたので、決定機を守ることができていました。
相手がボール保持を続ける時間帯では交代した選手達が流れを変えてくれ、なな(加田選手)の今シーズンの初得点が、一気に勝利を引き寄せてくれました。

守備の時間は多かったですが、全員が集中を切らさずハードワークした結果でクリーンシートでの勝利となりました。
選手たちは本当に成長したなと感じています。

本日の試合でリーグ前半戦は終了しましたが、気持ちを切らさずこの良い流れを次節にも繋げていけるように、自分たちのサッカーをもっと表現できるように、全員で準備していきます。

本日もニッパツ三ツ沢球技場にたくさんの方に応援にお越しいただきありがとうございました。
たくさんの方の前で上位チームに勝利を収められたことは成果だと思いますし、皆さんのご声援のおかげだと思っています。
次節、後半戦の初戦もホームゲームとなりますので、引き続き応援よろしくお願いします。

 

選手コメント

No.4 DF 中居未来

無失点がここ数試合続いていたので、今日も無失点で勝ててほっとしています。

立ち上がりに、ゴール前での相手の決定的シーンがありましたが、前節でもあったように今回もみどりさん(新井翠)が弾いて止めてくれるだろうなと思っていたので、良い準備をして相手より先に触ることができて良かったです。

前半は、相手がボールを持つ苦しい時間も多かったですが、蔵田選手が足を振ってすごいゴールを決めてくれて、あの時間でのあの1点は大きかったです。
耐えている時間も長かったですが、あの1点のおかげで前半残りの時間もみんなで耐えることができました。
ただ受け身になり過ぎて、自分たちでゲームを難しくしてしまいました。
相手はビルドアップが特徴的なチームで、三浦選手に簡単にボールが入る回数が多かったので、そこが自分たちを苦しめてしまっていた要因だと思います。

後半、風上に立ったことで前半ほど相手に嫌な形でボールを運ばれることはなく、相手に持たせているような時間があったので、そういうゲームをこれからも出来たらなと思います。
自分たちは攻撃がメインのチームですが、今シーズンは特に守備からしっかりと全員で戦えているので、センターバックである自分が一番身体を張らないとなと思っています。
無失点で抑えられて良かったです。

2015になでしこリーグデビューをして、そこから少し時間がかかってしまいましたが、今までシーガルズに関わってくれた全てのスタッフ、チームメイト、ファン・サポーターの皆さんのおかげでここまで来られたので、皆さんに良い報告が出来て本当に良かったです。
今までずっとシーガルズを見てきてくださったOGの方やファン・サポーターの方が、この100試合を自分以上に喜んでくれているのかなと思うと、とても嬉しいです。

ずっと一緒に七海(OG・宮下七海)とやってきたので、七海から花束をもらえて嬉しかったです。
七海だけではないですが、とくに七海にはたくさん助けられたので、今日こうやって素敵な勝利を届けられて良かったです。

今シーズンはチーム全体でレベルアップしていて、その中で自分も周りの選手に負けないようにやれていると思うので、みんなのおかげで自分のパフォーマンスも上がってきているのかなと思います。
今日でリーグ前半戦が終わり順位は3位のままですが、後半戦は優勝に向けて一戦一戦が大事になってくるので、先の試合というよりは目の前の試合を勝てるように全員で準備していければなと思います。

本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

 

No.7 MF 蔵田あかり

今シーズン初ゴールで嬉しい気持ちと同じくらいほっとしています。

試合に出させていただいている中で前線として結果が出ていないのは自分の中で重く感じている部分だったので、今日は結果に繋がって良かったです。
今までの思いを全部乗せたシュートになりました。
クロスがこぼれてきて、いつもの自分だったらトラップしてしまうこともあると思うのですが、今週は思いっきり足を振るというのをテーマにしてやってきたことが上手くいき、得点になりました。

サイドとして90分走りきるのももちろんですが、交代メンバーの層も厚いのでそこを信頼して自分が走れるだけ走ってやりきろうという思いでピッチに立っていました。
今節は自分の特徴である裏への抜け出しからのチャンスメイクを意識しつつ、守備に追われる時間が長くなるなというのは思っていたので、守備への切り替え、守備から攻撃に移るスピードを速くしようと意識していました。
ショートカウンターが多かったと思うのですが、そこに厚みという部分で自分がどんどん前線にいこうと思っていたので以前と比べても切り替えが速くなったのかなと思います。

次節もホーム三ツ沢で試合ができるので勝利できるように準備します。
今日もたくさんの応援をありがとうございました。

 

 

フルマッチ動画

 

 

次節試合情報

2024Pleunsなでしこリーグ1部 第12節

6月9日(日) 13:00kickoff

ニッパツ三ツ沢球技場(HOME)

vsヴィアマテラス宮崎

記事一覧

OFFICIALCLUB TOP PARTNER

  • 日本発条株式会社
  • 医療法人 横浜柏堤会
  • 武松商事株式会社
  • 笑顔堂(グローバル)
  • PUMA

OFFICIALCLUB PARTNER

  • 株式会社神奈川ナブコ
  • 株式会社Sansei
  • 感謝株式会社
  • フォーライフ株式会社
  • インバースネット株式会社(フロンティア)
  • 株式会社アメニティ
  • 西鉄旅行SPORTS
  • 学校法人 平成医療学園 横浜医療専門学校
  • エフシーアールシステム株式会社
  • 東洋美術印刷株式会社
  • 藤松産業株式会社
  • TS PLANNING
  • 三ッ輪ホールディングス株式会社
  • 小川クリニック
  • 明治安田生命保険相互会社 横浜支社
  • 株式会社リベルタ
  • ヤギグローバルジャパン(100%新車館)
  • 高地トレーニングStudio. Green Terrace
  • 株式会社 丸興佐野錦一商店
  • BRITA

ASSISTCORPORATION

  • 上星川ファミリークリニック
  • にしかわ薬局
  • バリューインパクト有限会社

なでしこ基金

  • 株式会社カナエル
  • 日産設備株式会社
  • 金田屋株式会社

LINK

  • 横浜FCスポーツクラブ
  • 横浜FC
  • 横須賀シーガルズ
  • JFA
  • なでしこリーグ
  • 皇后杯