NEWS

ニュース・メディア

【試合結果】2023プレナスなでしこリーグ1部 第7節 vs愛媛FCレディース

いつもニッパツ横浜FCシーガルズを応援いただき誠にありがとうございます。4/29(土)に行われました2023プレナスなでしこリーグ1部 第7節の試合結果をお知らせいたします。

 

試合結果

2023年4月29日(土) 

2023Pleunsなでしこリーグ1部 第7節

ニッパツ横浜FCシーガルズ  2(2-1,0-0) 1 愛媛FCレディース

@神奈川県立保土ケ谷公園サッカー場(神奈川県)13:00K.O.

 

 

 

 

得点

 

前半39分 片山由菜

前半44分 吉田凪沙

 

 

 試合後監督コメント

試合を通して、ボールを奪ったあとに自分たちのミスでリズムが悪くなり、相手もそこを狙ってしっかりとした守備からボールを前線に送り込んできたので苦戦しました。
その部分は分析をして対策していましたが、対応がうまくいかないときはバタついたこともありました。

前半のセットプレーでの2得点で結果勝利することができましたが、ボールを持ってゴールに向かうことなど自分たちが何をしたいかを最優先に考え、動き方などを立ち返ってトレーニングしていかなければいけないと感じました。

ただセットプレー(コーナー)からの得点は今季初だったので成長を感じましたし、さらにキャプテンの吉田が決めたことでその後のチームの雰囲気も良くなっていました。
そして試合後の選手たちの表情を見て、まだまだこの選手たちは伸びるし、成長しかないなと感じました。

今節勝ったら6連勝というところでプレッシャーがあり、試合の入りは堅く、相手のプレーを待ってしまう場面も見られましたが、勝点3を取れたことを自信にして、今後もこのプレッシャーも楽しみながら次に向けて準備していきます。

今季初の保土ケ谷開催、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。
皆さんのご声援は本当に力になりました。

リーグ戦は今後も続いていきますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

選手コメント

No. 5  MF  吉田凪沙

6連勝がかかった試合で勝ちを積み重ねるごとにプレッシャーも大きくなっていました。
入りも固く、早々に失点してしまい自分たちのサッカーが出来ていない時間帯が続きましたが、得点を機にスイッチが入り徐々に良くなりました。
後半に追加点をとることはできませんでしたが勝ちきれたことは大きかったと思います。

1点目はクロスを上げるという前向きな選択肢がPKからの得点に繋がったと思います。
自分の得点シーンはフリーでスペースも膨大にある良い状況だったので絶対決めなきゃなという感覚でした。
週チームで取り組んできた形で、初めての形だったのでしっかり決められて良かったです。
このようにコーチ陣が試合ごとに相手チームを分析してくれているのを一人一人が把握してきちんと実行できているのも、勝てている要因かなと思います。

(今シーズンは)ひとつ上がったポジションになり、このポジションは以前もやっていましたが、360度からプレッシャーがかかるのが今までとは1番違って楽しいです。
後ろが心強いこともあり自由にやれています。
こすさん(小須田)と2ボラで、私が守備的、こすさんが攻撃的なのがなんとなくの感覚でバランス良くできているのかなと思います。

次節に向けて相手が変わっても自分たちがやることは変わらない、勝ちに行くのみという気持ちを全員が持っています。
今日の前半は自分たちのサッカーができなかったのでシーガルズらしいサッカーができるよう1週間しっかり取り組んでいきます。

ファン・サポーターの皆さん、いつも応援ありがとうございます。
私にとってシーガルズの声出し応援は今シーズンが初で格好良い応援にいつも後押しされています!
今後とも応援よろしくお願いします。

 

No.10  MF  小須田璃菜

今日は全体的に足が重くて、自分たちのペースで試合が進められなかったですが、失点してからも落ち着いて戦って逆点できたのは良かったと思います。

相手がビルドアップが上手いというところで、自分たちが引かずに積極的にプレスに行って自分たちのペースで試合を進めるというゲームプランだったのですが、ちょっと構えちゃったかなと思います。
いつもは片山選手のところがあまり落ちて来ないで、前でポストプレーで出来るのが、今日はなかなかボールが入らなくてそこが落ちてきてしまったというのもありますし、私たちが間で上手く受けられなかったのが、なかなかシュートまで行けなかった原因だったかなと思います。

ただ失点しても全員が諦めないというか、取られても大丈夫という強い気持ちがあるので、そこは今年の良さだと思っています。
チームが上手くいっている要因でもあると思います。

毎試合、毎試合、やることは変わらないですし、自分たちで毎週良い準備をして相手に挑んでいくというカタチなので、構えるというよりは、常にチャレンジャーだなというふうに思います。
個人的には去年と比べてコンディションも良いですし、動けている感覚はあるので、あとはゴールが取れたらもっと良いかなと思います。

トップチームの試合がある中でも、私たちの試合に足を運んでくださったファン・サポーターの方々もいますし、家族・友達はもちろん、たくさんの方のご声援が本当に力になりました。
引き続き一緒に戦っていただけたらと思います。ありがとうございました!

 

 

フルマッチ動画

 

 

次節試合情報

2023Pleunsなでしこリーグ1部 第8節

5月6日(土) 13:00kickoff

アースケア敷島サッカー・ラグビー場(AWAY)

vs バニーズ群馬FCホワイトスター

 

記事一覧

OFFICIALCLUB TOP PARTNER

  • 日本発条株式会社
  • 医療法人 横浜柏堤会
  • 武松商事株式会社
  • 笑顔堂(グローバル)
  • PUMA

OFFICIALCLUB PARTNER

  • 株式会社神奈川ナブコ
  • 感謝株式会社
  • 西鉄旅行SPORTS
  • フォーライフ株式会社
  • インバースネット株式会社(フロンティア)
  • ヤギグローバルジャパン(100%新車館)
  • 株式会社アメニティ
  • 明治安田生命保険相互会社 横浜支社
  • エフシーアールシステム株式会社
  • 東洋美術印刷株式会社
  • 藤松産業株式会社
  • 学校法人 平成医療学園 横浜医療専門学校
  • 三ッ輪ホールディングス株式会社
  • 株式会社雄大
  • キリンビバレッジ
  • 山下湘南夢クリニック
  • ONODERA MEDICAL
  • 株式会社リベルタ
  • DSC
  • 株式会社Sansei
  • 上星川ファミリークリニック
  • 株式会社 丸興佐野錦一商店
  • 高地トレーニングStudio. Green Terrace
  • 小川クリニック
  • BRITA

ASSISTCORPORATION

  • 多摩勇代
  • カナエル
  • バリューインパクト
  • リロの不動産

LINK

  • 横浜FCスポーツクラブ
  • 横浜FC
  • 横須賀シーガルズ
  • JFA
  • なでしこリーグ
  • 皇后杯